プロフィール

リュウ

Author:リュウ
相変わらず落ち着かない日々…ですが、ランと少々のお酒&煙草が息抜き。モチロン音が、そこに無くてはいけないアラヒィフ。
好きな言葉は一期一会、人とも音ともそんな出会いが大事かと♪

では、おつきあいくださいな♪

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無人島に持ってく100枚No.9 The Legend Sleepy John Estes

ご無沙汰&今晩は♪

もう気がつけば10月なんだ……早い、今年は特に早い気が(^_^;)
ちょいとした自由時間はあってもガッツリはなかなか…温泉行きたくてしょうがないのです(笑)

さて本日の1枚はどブルース、それもドップリな。
このブログを見てれば分かってるとは思いますが、かなりの雑食。

一応自分なりにルールがあって(あるはず)、引っ掛かった音なんです♪
それがたまたま色んなジャンルに行ってるだけと言い張ります(笑)

今日の1枚

THE LEGENDTHE LEGEND
(2003/02/11)
SLEEPY JOHN ESTES

商品詳細を見る


そもそも前のブログは多分7年くらいやってて、そのキッカケはブルースやソウルなど黒音をちゃんと聴こうかなって思ったところから。

その導火線に火をつけたのが本日の1枚。
これで、本当にブルースが落ちてきました。
勿論ドップリ片っ端から聴きまくった数年間。

それでブルースでも好みか好みじゃないかちゃんとハッキリしたのです!

このスリーピーのアルバムは再発見後に吹き込まれたもの。
一曲目からして悲痛な…だってネズミが台所にいる…そんなタイトルですから(笑)

いわゆる戦前ブルースの流れ、でもそこにブルースという音の原点がある気がしてならんのです。

それだけ自分にとっては印象深い1枚♪

秋と言えば黒音の季節、次はソウル!

スポンサーサイト

Oberlin College Concert By Sonhouse

おばんです♪

昨夜は音仲間との第二回会合。
新宿は思い出横丁と言う我がホームグラウンドで開催。
二次会までの時間を堪能しました。

同年代だし、聴いてきた環境も似てるし、何よりピュアに音好きなのが楽しい限り。
バンドの面子との飲みとはまた違ったDeepさが楽しかったのです♪

んで、二日酔いになる暇もなく愛犬に起こされ、早朝散歩、いゃーっ、暑かったですね!
Googleの温度計でここは33℃になってました(^_^;)

おかげでお酒もあっという間に抜けました(笑)

さてさて、本日の1枚は昨夜の話題になった1枚。

Oberlin College ConcertOberlin College Concert
(1995/04/16)
Son House

商品詳細を見る


サンハウス、ブルースマンのサンハウスだけど、戦前ブルースの代名詞のような存在。
だけど自分的には再発見後のライヴが実にたまらんのです。

破壊力が半端ない演奏に最初に聴いたときはクラクラしました(笑)

ブルースって一時ブームになって、それはそれでファンとして嬉しかったのですが、期待に相反してなかなかCDが出なかったのが、残念。

自分が持ってるのはアナログ→レコード、CDの中古がなかなか無いのが、みんな手放さないのかな(笑)

今日の暑さは少しウェットで南部の匂いかななんて…至極単純な理由で聴いてました。

でも中身はモノホンのブルース、ではご堪能くださいな。

明日からの一週間、ボチボチ行きましょ♪

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。