プロフィール

リュウ

Author:リュウ
相変わらず落ち着かない日々…ですが、ランと少々のお酒&煙草が息抜き。モチロン音が、そこに無くてはいけないアラヒィフ。
好きな言葉は一期一会、人とも音ともそんな出会いが大事かと♪

では、おつきあいくださいな♪

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Healer John Lee Hooker

お早うございます♪
連日のバタバタ生活も、ようやく目処をつけて。
今日&明日は連休、久しぶり!(笑)

流石に疲労感半端なかったので、ランは自粛→の替わりに愛犬散歩、早朝一時間へ♪
ここ名ばかり東京は空気が澄んでて、美味いので、ようやく回復♪


大計なき国家・日本の末路大計なき国家・日本の末路
(2009/09/08)
クライン 孝子

商品詳細を見る


今、読みかけの本はこちら。
かいつまむと…
日本はアメリカに汚染され、目先のことしか考えなくなってしまった…一方、同じ敗戦国のドイツは長期プランがあり、それにそって行動してる。
長期計画の有無が日本とドイツの現況の違いの最大の要因。

そんな感じ♪これって国とかではなく個人に置き換えても当てはまるのかな……
使い捨てが横行してる現状にはどーも違和感が→自分の世代からすると。

何でもあるのに、何にもない…そんな感じなんですよね…モノは一杯あるのに…本当に欲しいモノがない…ある意味満たされてるからだと思うけど…でも、それって物凄く不幸なことなんじゃないか…そう思う次第です(--;)

家カフェで、キリマンジャロを飲みながらこんなの読んでます♪

そして、大事なBGMは

The HealerThe Healer
(2014/02/11)
HOOKER JOHN LEE

商品詳細を見る


曲目リスト

The Heater
I'm In The Mood
Baby Lee
Cuttin' out
Think Twice Before You go
Sally MaeThat's Alright
Rockin' Chair
My Dream
No Substitute

ブルースって一時期ほどじゃないけど、聴いてるって言うと、良く聴けるねとか、暗くないとか、落ち込まないとか(笑)
でも、人間て感情の動物、良いときも悪いときもあるから、音だって色々あって良いと思うのです♪

本読んでる時は専らブルースかジャズ。
集中して読むには、自分にはこれが合ってるのかなと。
間違ってもご機嫌なR&Rはあきません(笑)

そして、前も書いたのですが、自分的にはNo.1のブルースマン
何と言っても、老年期になるにつれ……声の存在感が増しに増してくさまは圧巻。

声が楽器なんだ!って改めて思わせてくれた一人です♪

このアルバムでは、サンタナ(表題曲)やボニーレイットとも競演。
サンタナってクラプトン同様、人のバックで演ってるとき、物凄いよい音色なんですよね!

そんなバックに乗っかるジョンリーの声が本当にたまんない1枚です♪

本日ははるばる亀有まで音友との会合、では、皆さんよい週末を♪



スポンサーサイト
CATEGORY:Blues J

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

Boom Boom John Lee Hooker

こんちわっす!
後半の代休で本日も休み。
ここ最近日課のように雪かき…してる。
今日も今週の雪予報に備え、雪と格闘(--;)
つくづく雪国の大変さを実感しました…
それにしても、この雪のせいでスーパーやコンビニの棚が空になるなんて、
東京の繁栄も脆いもんだ……。


10万人のホームレスに住まいを!  〔アメリカ「社会企業」の創設者ロザンヌ・ハガティの挑戦〕10万人のホームレスに住まいを! 〔アメリカ「社会企業」の創設者ロザンヌ・ハガティの挑戦〕
(2013/05/24)
青山 やすし、ロザンヌ・ハガティ 他

商品詳細を見る


さて今読みかけてるのはこちら。
NPOの活動、組織的な力も、元はシンプルな動機からというのが良くわかる一冊かなと。
いやいやまだ、読み込まないとね!

雪のせいで、本だけは沢山読んでる(笑)


Boom BoomBoom Boom
(2007/02/06)
John Lee Hooker

商品詳細を見る


さて、読書の傍らで聴くのが相応しいかどうかは分かりませんが(笑)
こちらを!

セルフリメイクの本作。
ジョンリーも含めブルースマンの声は、なんでこんなにも年を重ねると存在感が増すんだろう。
声がブルースなんだよな……。
そこに気づいた時、益々ブルースの奥深さを教えられたのでした。

人間の根源の奥深さこそ体現してるのがブルースなんだなと改めて教えてくれました♪

年を取ってからしか出せない魅力、たまんないっす!

でもな、カフェタイムでこれかかってたらお客に逃げられそうなんで、Bar Timeで、それも真夜中に決まりだな(笑)





CATEGORY:Blues J

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

Southside Blues Jam

今日は♪

本日は休日。

先日、ハーフマラソン距離を走った反動は大きく……身体がパンパン(笑)
長風呂してストレッチして完全休養。
そして、音&読書を!


戦後日本のジャズ文化―映画・文学・アングラ戦後日本のジャズ文化―映画・文学・アングラ
(2005/07)
マイク モラスキー

商品詳細を見る

この本は勿論タイトル通り、ジャズに触れていて。
でも、それだけでは無いところに魅力が。

ジャズを通した日本文化の本、そんな魅力があるのです。
60-70年代にかけての日本の街の様子をとらえた作品。
当時の日本ではロックを通して…よりジャズを通した方が分かりやすいのです。

読書のお供はブルースきっての名盤のこちら。
ねちっこいネバネバな魅力溢れる一枚。

サウス・サイド・ブルース・ジャムサウス・サイド・ブルース・ジャム
(2011/11/02)
ジュニア・ウェルズ with バディ・ガイ

商品詳細を見る


ジュニアはもとより、
バディしかり
のみならずフレッドビロウ
に加えオーティススパン
あーんどエニイモア♪

重っくるしくも、軽妙さも同居してる
濃ゆい一枚。

たまらんです!

では、ご機嫌よう!
CATEGORY:Blues J

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。