プロフィール

リュウ

Author:リュウ
相変わらず落ち着かない日々…ですが、ランと少々のお酒&煙草が息抜き。モチロン音が、そこに無くてはいけないアラヒィフ。
好きな言葉は一期一会、人とも音ともそんな出会いが大事かと♪

では、おつきあいくださいな♪

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Achtung Baby  U2

今晩は♪
最近思いつくままに書き連ねてますが…
一応、自分が店でかけるんだったら…ってのが基準でして(笑)
お付きあいくださいませ、ひらにm(__)m
控え目な音量でかけてるカフェタイム
ちょっとうるさい位のbar time
そんなイメージ。
本を読むのも良し、隣り合わせの人と、大人に盛り上がるのも良し、
そんなイメージ。
袖すり合うのも多少の縁、enjoyを♪

んで、暇な時間に一応、店主自ら読書と珈琲。

理想だな(笑)


アメリカン・ドリーム (講談社文庫)アメリカン・ドリーム (講談社文庫)
(1985/10)
村上 龍

商品詳細を見る


今日はお気に入りのマンデリンとこの本。

自分が好きなのは、愛と幻想のファシズムまでの村上龍。
そして、この本はそこに至るまでのモヤモヤしたフラストレーションが垣間見えるので、
お気に入り。

愛と幻想~以降はセックスと経済にハマッてしまってるので…個人的には興味なし。

やっぱり、この頃の尖った視点がよいね♪

今、世間では色々と有象無象が夢物語を語ってるけど、
日本は実質的な意味で占領が続いてる。それを踏まえないと夢物語にしかならない…

村上龍は佐世保で、自分はそれほど長くないけど基地のある街で産まれて
そういう空気を体感してるから分かる。うん、理屈じゃない。

そんなモヤモヤが根底に書いてあるそんな一冊。

改めて読み返しても面白い♪

さてBGMは

アクトン・ベイビーアクトン・ベイビー
(2006/11/08)
U2

商品詳細を見る


91年位の作品かな?
それまでの硬派な路線から一変、ややPOPな方向に進路変更した一枚。
だけど悪くない。
長続きするバンドって、やっぱり色々と試してるし、その分だけ失敗もある(笑)
この後のズーロッパはまだしもPOPはね(--;)
でも好きな曲もあるけどね。

でっ、U2って隠れデヴィッドボウイ信者だと思う。
イーノと組んだり、ドイツ行ってみたりって、完全にフォロワになってる。

そして、それが嫌いじゃない。

ボウイだって、アメリカ行ったり、ドイツ行ってみたり、薬に溺れたり、
紆余曲折してるし。

んで、POPから重苦しいSoundまで、そんなところも似てるよね、誰の口から聞いたこともないけど(笑)

でっ、アルバムに戻ると、アメリカ大好き路線で成功して、本人たちもビックリの成功に戸惑って…
どうして良いか?悩んだ挙げ句に作った、そんな印象だけど、
何か吹っ切れてて、POPさとメロディの良さが結構お気に入り。
Soundも意外にシンプル、口ずさみ易い感じ♪

ある意味U2らしいアルバムだと。

ストーンズでいったら、サタニックより…そうだな、エモレスかな。
あれも当時は酷評されてたけど…ふざけんな…って思ってた(笑)

では、くだ巻き過ぎるとお客が来なくなるのでこの辺で(笑)




スポンサーサイト
CATEGORY:Rock U

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

がんじがらめ The Street Sliders

今晩は♪

ボチボチと
バタバタと
そんな日々ですが、不思議とパワーアップされてるという、何か良く分からないテンションに。


異人たちとの夏 (新潮文庫)異人たちとの夏 (新潮文庫)
(1991/11/28)
山田 太一

商品詳細を見る


この本も愛読書。リアルタイムで読んでから、もう20年以上経つのか…
それも驚きだな(笑)
映画にもなってるんだけど、先に本を繰返し読んでて、イメージが出来上がっちゃってるので、やっぱり、本に走る。
そういうこと往々にしてあるのです♪
不思議なレトロ感、スリラー感、そしてファンタジー
小粒ながらなかなかの良作です♪

さて、音はちよっとハードめに

がんじがらめがんじがらめ
(1995/04/01)
ストリート・スライダーズ

商品詳細を見る


Toa-Lit-Tone(踊ろよベイビー)/So Heavy/(Nobody Can)Catch Me/とりあえず,Dance/ 道化者のゆううつ/Tokyo シャッフル/鉛の夜/Dancin' Doll/マンネリ・ブギ/SLIDER

一作目で、おっ!と思ってたところに出た本作。
のっけから、気だるいロックンロールに、そしてあの不思議なメロディ♪

完全に世界を作り上げたのが本作。
この次の、Jag Outでこの粗っぽいロックンロールは完成品に♪

まさに、スライダーズワールド!

この2本の絡みはクセになるよね…って改めて思います!

なんと言ってもリズム隊が変わったよね。
重苦しい粘っこいビートの基礎がガッチリと感じます♪

そこに乗っかってくるハリーのリズムG、そしてウネル蘭丸。
たまらんなー(笑)

中でもお気に入りは、Dancin'Doll♪

あの刻みが突き刺さるのです!

では、また♪



CATEGORY:日本 す

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

Nighthawks at the Diner  Tom Waits

今日は。
身内の病も無事に経過は順調。
少しドタバタが収まりそうで、一安心。

病院行ったりすること多かったので、読書の機会も増え、色々と。

吾輩は猫である (角川文庫)吾輩は猫である (角川文庫)
(1962/09)
夏目 漱石

商品詳細を見る


今のマイブームは古典。
子供の頃、読んだ本を読み返してる感じ。
当時の読後感と全く違って新鮮な感じ♪
夏目漱石は結構好きで、殆んど揃えてるけど、最近はご無沙汰で(--;)

改めて読み返してみると、この人の繊細さが良くわかる。
着眼点、言い回しなどなど、実に面白い。

音もアナログなら、本もアナログなのがお気に入り(笑)


Nighthawks at the DinerNighthawks at the Diner
(1995/04/12)
Tom Waits

商品詳細を見る


さてさて、通勤その他で聴いてたのがこれ。
実によいね♪

これも昔聴いた時より、今の方がしっくりくる。

正統派のジャズなんだな、バックのSound。
それが実に今聴くと、しっくり来るね。

正統派のジャズの継承者なのかも意外に(笑)

ただ、それに、あのダミ声が叙情的にかつ、野卑に歌い上げるとトムウェイツ節の出来上がり。
その世界にじっくりと引き込まれてしまう。

そして娼婦の晩餐という邦題もシャレオツ。横丁の酒場のような雑踏感が心にせまって。

この頃のトムウェイツ、実にお気に入り♪



ではまた♪
CATEGORY:未分類

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

Folk Singer Muddy Waters

お早うございます♪
通勤電車内で書いてたり。
スマホとブログの機能が大幅に良くなってるので、最近パソコンを殆んど開かない(笑)
ごくごく一部の雑用以外必要性がなくなってる感じ。

Folk SingerFolk Singer
(1999/07/27)
Muddy Waters

商品詳細を見る

今実際に聴いてるこのアルバム、奥行きの深さではダントツだと思ってます♪
マディ好きならこのアルバムがベスト3までに入るでしょ…って位お気に入り。
入らない人は認めない(笑)

冗談はさておき、マディ、バディ、ウィリー、が極限迄に音を絞りこんで逆に一音一音に深い意味を持たせてしまった
そんなアルバムは聴けば聴くほど、どっぷりハマるのです!

1つ難点は朝からこれ聴くと、仕事のやる気がイマイチになることくらい(笑)

では、良い1日を!
CATEGORY:Blues M

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

ライヴ 村八分

今日は♪

ちょっと遡って年末の話を。
久しぶりにバンドでスタジオへ。
何年ぶりだろう?
このブログはメンバーも読んでるのでなるべ書かないようにしてるんだけどね(笑)

まっ、そんなこんなでスタジオ入ってて、
久しぶりだし、どうなることやら?なんて思ってたんだけど、
いざ始まれば…ねっ(笑)
グダグダだし、まぁ間違いだらけだったんだけど、それでもね、
楽しい時間だった♪

何よりドラマーが病に負けることなく、相変わらずのバカデカイ音で、
ぐっと来た。つられて皆んなバカデカイ音でね、多分、音のでかさでは負けてないかもね(笑)

勿論、その後の酒も美味しく頂きました。

皆んな、年だし、住んでるところも散り散りなんで、そうそう練習は出来ないけど、
あの場に居れたこと自体が楽しいのです♪

でっ、村八分はその時にやった曲。あっなんだけどね♪

これ、燃えるんだよね♪

PS
ドラムのバカデカイ音こそ、ロック魂だ…を実感(笑)

ライブ+1 (紙ジャケット仕様)ライブ+1 (紙ジャケット仕様)
(2001/08/29)
村八分

商品詳細を見る


では、良い週末を♪
CATEGORY:未分類

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

Southside Blues Jam

今日は♪

本日は休日。

先日、ハーフマラソン距離を走った反動は大きく……身体がパンパン(笑)
長風呂してストレッチして完全休養。
そして、音&読書を!


戦後日本のジャズ文化―映画・文学・アングラ戦後日本のジャズ文化―映画・文学・アングラ
(2005/07)
マイク モラスキー

商品詳細を見る

この本は勿論タイトル通り、ジャズに触れていて。
でも、それだけでは無いところに魅力が。

ジャズを通した日本文化の本、そんな魅力があるのです。
60-70年代にかけての日本の街の様子をとらえた作品。
当時の日本ではロックを通して…よりジャズを通した方が分かりやすいのです。

読書のお供はブルースきっての名盤のこちら。
ねちっこいネバネバな魅力溢れる一枚。

サウス・サイド・ブルース・ジャムサウス・サイド・ブルース・ジャム
(2011/11/02)
ジュニア・ウェルズ with バディ・ガイ

商品詳細を見る


ジュニアはもとより、
バディしかり
のみならずフレッドビロウ
に加えオーティススパン
あーんどエニイモア♪

重っくるしくも、軽妙さも同居してる
濃ゆい一枚。

たまらんです!

では、ご機嫌よう!
CATEGORY:Blues J

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

Isn't it time 吉村瞳

今晩は♪
何やらかんやら雑事諸々こなすとこんな時間に。
流石にちょいとお疲れモード。
明日も仕事だし、ここからボチボチ自分の時間に。


きみはダイジョブ? (日経プレミアシリーズ)きみはダイジョブ? (日経プレミアシリーズ)
(2013/11/09)
石田 衣良

商品詳細を見る


これ、今まで読んでた本♪
石田衣良って…そんなに好きな作家ではないし、チラ見るくらいしかしたことないんだけど、この本は面白かった。
元々、ポイント貯まってて引き換えでGETしたんだけど、モノの見方が良い塩梅に斜めで、立ち読みから購入へ。
時事ネタを斜めから見る視点、面白い一冊でした!


イズント・イット・タイムイズント・イット・タイム
(2012/05/18)
吉村瞳、Hitomi Yoshimura 他

商品詳細を見る


これは以前やってたブログでも取り上げた作品で、ヒジョーにお気に入りの一枚♪
名古屋、関西方面て勝手にブルースの聖地と思ってるんだけど、それはこんな人が出てくるからなんだよね♪

それがきっかけで名古屋訪れたこともあったりしたくらいで(笑)

ブルースバーとか結構土壌がしっかりしてるからなんだ…ってのが良く分かりました。

東京だと変な頑固親父がウンチク押し付けてきて…閉口すること多いんだけど、名古屋、大阪は、もっとおおらかと言うか、アンタのお気に入りならそれで良いじゃん…みたいな愛を感じました→酔ってただけかも(笑)

そして、この作品、日本で、若手で、ここまで聴かせる人が居たんだって嬉しくなった一枚なんです。

残念ながらライヴには未だに足を運べませんが、今、見たい人です♪

この人のスライドは、かきたてるとか、急所にグイグイ来るというよりは、包み込みつつ、ジワジワ効いてくる、そんな魅力に溢れてます。

静かな優しさに溢れたスライドの音色、心地よい限り♪

では、来週もボチボチと!



今はこんな活動もしてたのか…益々楽しみだ♪
CATEGORY:日本 よ

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

Compound 加部正義

今晩は♪
あっという間に新年も十日過ぎ
三ヶ日休んでから通常通り仕事だったので尚更(--;)

横道世之介 (文春文庫)横道世之介 (文春文庫)
(2012/11/09)
吉田 修一

商品詳細を見る

これ、友に年末に貰って、あっという間に読んでしまった一冊。
これ、四十代くらいの世代には頷ける話。
差し込まれてるエピソードも、当時を知るものなら素直に入ってくるし、何と言っても主人公も、そう当時、身近に居たような、
そんな設定。
そのくせ、何処か心に引っ掛かる、その辺は流石♪
友が面白いって言ってたのが良く分かる、うん、感謝♪


COMPOUND(紙ジャケット仕様)COMPOUND(紙ジャケット仕様)
(2011/10/26)
加部正義

商品詳細を見る


これは図書館で借りてきた。ってか良くこんなのあったな…って感じ(笑)

簡単に言うとこのアルバムではベースではなくギターを♪

サウンドはアメリカンロックなポップスがメインな感じ。

だけど、なかなか感じの良いアルバム。

そうだな、走ってるよりドライブしてる時に聴きたい一枚。

非常ベルなビルでは忌野清志郎が参加。

格好いいね、こういう曲やらせると!

アルバムでは浮いてるけど(笑)

ミックも忌野清志郎もアクが強すぎて、食っちゃうんだよね(笑)

個性と言えば個性なんだけど(--;)

清志郎って別に平和の使者でも何でもない。本人が思ったこと言ってて、変な所ばかり祭上げられてるのは物凄い違和感あるんだよね。やっぱり、こうやってロックな感じが、良いね!

バンドサウンドは、お手本のような一枚。

カッチリしてます!何かホッとするそんなアルバムもアリだよね!



CATEGORY:未分類

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

The Doors

今日は♪

昨日、仕事始め。何か良く分からないテンションに(笑)
さて、この新年の5日の間に3回走ってみました。
いい感じの体調がkeep出来てます♪

今日も冬になると聴きたくなる一枚、ベタベタですが、間違いなく無人島に持ってく一枚です!


The DoorsThe Doors
(1990/10/25)
The Doors

商品詳細を見る


1. Break On Through (to the Other Side)
2. Soul Kitchen
3. The Crystal Ship
4. Twentieth Century Fox
5. Alabama Song (Whisky Bar)
6. Light My Fire
7. Back Door Man
8. I Looked at You
9. End of the Night
10. Take It As It Comes
11. The End

問答無用の11曲
ドアーズはまさに唯一無二の存在。
もうこんなバンドは出てくる訳がない。
サウンドの個性は勿論、言うまでもなし。

あのオルガンにのって、ジムモリソンの声が乗れば、心震えます♪

がっ、実はドラムが凄いんだよね。

それはライブ映像を観て一層確信に。

ぜひタイコに焦点を合わせて聴いてほしい限りです。


ライヴ・イン・ヨーロッパ 1968 [DVD]ライヴ・イン・ヨーロッパ 1968 [DVD]
(2003/01/24)
ドアーズ

商品詳細を見る


狂気に裏打ちされたロック心、たまらんす!

地獄の黙示録でも使われたこの曲はいつでもえぐられます♪

CATEGORY:Rock D

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

Tumbleweed Connetion Elton John

毎度です♪
201401021413530cd.jpg
20140102141544257.jpg
20140102141637d2b.jpg
今朝は初ラン兼ねて、丁度良い所にある高幡不動尊まで♪
到着したのは朝6時台ながら、結構な賑わいを。
ランだったので境内に既にオープンしてた出店、おでん屋さんで一杯は出来なかったのが悔やまれるところでした(笑)
でも、これだけの塔が身近にあるということ自体が嬉しいのです♪
一番下はランコースでもある多摩川からの初日の出♪
早起きは三文の徳とは良く言ったもんです♪


Tumbleweed ConnectionTumbleweed Connection
(1970/06/30)
Elton John

商品詳細を見る


確か70年位の三枚目♪
派手でアッチよりになってく前のエルトン・ジョンは、意外に硬派な大人のロックを奏でてて♪
夜、じっくり聴きたい一枚。
その後の作品でも何曲か好きな曲はありますが…自分はダントツで初期、渡米前。
曲が立ってる…と言うよりは、全編を静かに酒や珈琲を飲みながら聴きたい、そんな一枚です!

勿論、当店の大人の時間で活躍してくれるでしょう→無理やり設定(笑)

CATEGORY:Rock E

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。