プロフィール

リュウ

Author:リュウ
相変わらず落ち着かない日々…ですが、ランと少々のお酒&煙草が息抜き。モチロン音が、そこに無くてはいけないアラヒィフ。
好きな言葉は一期一会、人とも音ともそんな出会いが大事かと♪

では、おつきあいくださいな♪

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナスティにするか、ブリュッセルにするか、それが問題だ(笑)

今晩は♪

Twitterで参戦した方がストーンズねたで盛り上がってるのみると
やっぱり、ちいと悔しいかも(笑)

と言う訳では無いのですが、iPodでナスティとブリュッセルを交互に♪

ブート時代から30年以上慣れ親しんだナスティ

20140227210533d4d.jpeg

オフィシャルから公式に出たブリュッセル
20140227210657885.jpeg

早い話、内容も重複してるので、
ブートならではの音質が悪いけど、音の塊を浴びたいのか
リマスターされてクリアに個々の音を楽しみたいのか、
うーむ、究極の選択(笑)

個人的につまり、ライブ感を楽しむのならナスティ
ビルワイマンを聴くなら、ブリュッセルに落ちついた♪

最近、物凄くビルワイマンが熱いのです。
特にこの頃のビルワイマンは、良いな。

巧いとかじゃなく、バンドに合ってる、そう言うこと。

やっぱりストーンズはバンドサウンドなんだよな♪♪

そんなことを夢想しながらの帰り道はあっという間でした(笑)


ではでは

スポンサーサイト
CATEGORY:The Rolling Stones

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

The Circle Game Joni Mitchell & James Taylor

今晩は♪

多分Twitterのフォロワーの大多数が東京ドームにストーンズ教の信者として集結してるだろう、今夜♪
心底楽しんでくださいな♪♪

自分は初めて今回は見送りましたが、彼らをリスペクトしてるのは間違いないし、やっぱり死ぬまでロックンロールしてほしい限りです♪


The Circle GameThe Circle Game
(2007/11/05)
Joni Mitchell & James Taylor

商品詳細を見る


さて、今夜は静かな異才の二人がコラボしたライブ♪
物凄く巧くて、guitarは途中でチューニングを変えながらが普通のこの二人。

でも、そんなことも感じさせない位、滑らかに、そして朗らかに、かつ泣きもありと言う隠れた名盤だと思ってます!

週末走ってる時にロックシャワーを浴びること二時間
通勤の往復もロックシャワーを浴びること二時間

そんな自分は帰ってからはこういうのしか聴きたくないのです(笑)
あとは、あんまり詳しくないけどジャズにボサノバかな(笑)

冗談はさておき、この一枚はユニオンのお薦めで出たときに即時ゲットして以来、揺るがない愛聴盤に♪

二人の掛け合い、
各々の個性溢れる名演
しっとりとしたライブもなかなかです!

では、そろそろ自宅最寄り駅に着きそうなのでこの辺で♪

CATEGORY:Rock J

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

Original Cool Stray Cats

今晩は♪

雪の余韻がまだそこかしこに残る、ここ名ばかり東京。
来週は春めくとの予報。
確かに蝋梅や梅も咲き始めた今日この頃、そうそう木蓮もほんのすこし膨らみ始めて…確実に春に向かってるを実感。

それにしても昔は全く気にもとめなかったそんな事に目が行くのは年の為せる技…いや、多分自然のサイクルを体で理解出来る年齢…と言うことにしておこう(笑)

温暖化は困るけど、寒いままも困るな。


未来への選択―地球最新報告未来への選択―地球最新報告
(2006/07)
不明

商品詳細を見る


ちょっと古い本だけど、良く出来てる本なんで読み返してる。
地球の津々浦々で何が起きてるか、淡々とレポートしてる1冊。
こういう作りの方がすっと身体に染み込んでくるのは自分だけでしょうか。
何が問題なのか、何が予想されるのか、それが平易にシンプルに書かれてるジャーナリストの鑑のような1冊。
図書館にもあると思うので、チラミしてくださいませ(笑)


Original CoolOriginal Cool
(1999/06/01)
Stray Cats

商品詳細を見る


さて、シリアスな本読んでると、無性におバカな音を聴きたくなるのです!
Stray Catsもリアルタイムからずっとお気に入りのバンド。
出た当時は中学生くらいだったかな、多分(--;)
単純に物凄くかっこよいのと、音を聴いたらもっとかっこよいが入口(笑)

後々に実はセッツァーはバカテクで、物凄いメロディメイカーだって気付くのでした♪
個人的にはオーケストラや三人編成でやってる今よりこの頃がお気に入り。

今は音数と少しラウドなので…(^_^;)

このころののスカスカな感じの方がより映えてる気がするのです!

なんと言うか音数とラウドな分、良さが埋没してる気がするのです。

この頃は余韻と間が実に染み込んでくるんすよね♪

なんて能書き語ってますが…単純に、春の匂いにそそられてロックンロールが聴きたくなるだけだったり(笑)

まだまだ寒いですが気分だけは上げていきましょー♪

明日も仕事だ!では♪

CATEGORY:Rock S

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

Boom Boom John Lee Hooker

こんちわっす!
後半の代休で本日も休み。
ここ最近日課のように雪かき…してる。
今日も今週の雪予報に備え、雪と格闘(--;)
つくづく雪国の大変さを実感しました…
それにしても、この雪のせいでスーパーやコンビニの棚が空になるなんて、
東京の繁栄も脆いもんだ……。


10万人のホームレスに住まいを!  〔アメリカ「社会企業」の創設者ロザンヌ・ハガティの挑戦〕10万人のホームレスに住まいを! 〔アメリカ「社会企業」の創設者ロザンヌ・ハガティの挑戦〕
(2013/05/24)
青山 やすし、ロザンヌ・ハガティ 他

商品詳細を見る


さて今読みかけてるのはこちら。
NPOの活動、組織的な力も、元はシンプルな動機からというのが良くわかる一冊かなと。
いやいやまだ、読み込まないとね!

雪のせいで、本だけは沢山読んでる(笑)


Boom BoomBoom Boom
(2007/02/06)
John Lee Hooker

商品詳細を見る


さて、読書の傍らで聴くのが相応しいかどうかは分かりませんが(笑)
こちらを!

セルフリメイクの本作。
ジョンリーも含めブルースマンの声は、なんでこんなにも年を重ねると存在感が増すんだろう。
声がブルースなんだよな……。
そこに気づいた時、益々ブルースの奥深さを教えられたのでした。

人間の根源の奥深さこそ体現してるのがブルースなんだなと改めて教えてくれました♪

年を取ってからしか出せない魅力、たまんないっす!

でもな、カフェタイムでこれかかってたらお客に逃げられそうなんで、Bar Timeで、それも真夜中に決まりだな(笑)





CATEGORY:Blues J

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

Sticy Fingers The Rolling Stones

おばんです!思わぬ毎週末の大雪→雪かきに腕が上がらない(--;)
ここ名ばかり東京は何と60センチ近くの積雪
一晩で…ここまでって記憶にない…
山梨ではメートル越えの積雪に孤立してる場所も…昔から所縁のある場所なんで、心配。
何とか無事を祈ります!

2014021617204535b.jpg


スティッキー・フィンガーズ(紙ジャケット仕様)スティッキー・フィンガーズ(紙ジャケット仕様)
(2013/10/30)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る


bar、カフェってその昔から新規開拓しまくってて、あちらこちら飲み歩いてた時期も。
それは、それで楽しい事多いので良かったんだけど、この年になると馴染みの店って言うのが欲しくなる。
新規開拓よりは旧知の店、そんなところが欲しくなる。

居場所って大事だな。

そういう場所ない人って、やはり話合わないこと多い。

男って、何処かそういう部分持ってないと段々詰まらなくなる気がしてるのは自分だけでしょうか?

珈琲、お酒、つまみ、当たり前のものが当たり前にある店って意外に少ないし、
清潔過ぎる、明るすぎるが…もーっ、ダメダメ(笑)

ほの暗く、んで温かみを感じる、そういうところへボチボチと。

でっ、だいぶ脱線したけどストーンズってのはそんな存在♪

いつでも戻りたくなる場所。

ファジーなクセに良く計算されてるし、温かみがあるんだよね。
どんなにクールやワイルドを歌っててもそこに温もりを感じる音、
それが良いんだよね。
グルーヴ感もさることながら、だから戻りたくなる。

今回の来日は……個人的思いから参戦はしません。多分行くと後悔する事になりそうなので。
でも、過去の来日公演は全て見ているので、後悔はなし♪

それにこれだけの作品を残してくれてるのだから!



CATEGORY:The Rolling Stones

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

UA Turbo

今晩は♪

都知事選の候補者…酷すぎで、結局怒りの意を込めて投票辞退
良くもまあこんな酷い候補者ばかり。
一見選択肢あるようで…実は全くないと言う…

very vestならぬtoo much badを競うと言う…
非常に危機感とバカにされてるとしか思えない
選挙権持ってからダントツに最悪の選挙でした…


史上最大の経済改革“明治維新史上最大の経済改革“明治維新"
(2013/11/07)
武田知弘

商品詳細を見る


だからと言う訳でも無いけど、今読んでるのはこれ。
今こそ中央集権だと思うのです。時代に合ってないところは随所。
生活レベルは地方分権、国家レベルは中央集権と二本立てが必要なのかなと
思う次第で…だからこそ明治維新並の割り振りがえしないとなと思う次第です。

さて、そんな読書に合わせてるのは懐かしの1枚

turboturbo
(1999/10/27)
UA

商品詳細を見る


UAって今迷走してる印象だけど…出てきた時からAJICOまでは凄いなとゾクゾクしてた♪
自分のカラーをちゃんと染めることが出来るのは、凄いなって!

このアルバムはダブとレゲエライクなサウンドが凄い好きで、たまに聴きたくなる1枚。

だからこそ、また復活してほしいのです!

では、ここ名ばかり東京はまた金から土曜は雪になりそうな…
ご自愛くださいねー♪

CATEGORY:日本 う

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

PinupBaby Blues

おばんです♪
凄い雪だった東京…
勿論、雪国に比べたら大したこと無いのだけれど、
この積雪量は自分の記憶に無いくらい。
どうやら2歳の頃にあったらしいのだけれど、2歳だから(笑)
夜と朝、2回雪かきして、良い筋トレとなりました(笑)
冗談はさておき、雪国の苦労の一部を肌身で感じましたm(__)m


ライク・ア・ヴァージン ビジネススクールでは教えてくれない成功哲学ライク・ア・ヴァージン ビジネススクールでは教えてくれない成功哲学
(2013/06/20)
リチャード・ブランソン

商品詳細を見る


ご存知ヴァージングループの総帥
昔、新宿にメガストア合ったときはかなりお世話になりました♪
あの品揃えは…圧巻だったな、えっ、こんなのまであるの!みたいな。

でっ、良く良く考えたらこの人のことあまり知らないと、最近になって気付き図書館で借りてきた次第。
まだ、読み始めだけど…下手な経営者の本よりは好感もててます。

さて、本題!
ピンナップ・ベイビー・ブルース (紙ジャケット仕様)ピンナップ・ベイビー・ブルース (紙ジャケット仕様)
(2006/01/18)
シーナ&ロケッツ、シーナ&ザ・ロケッツ 他

商品詳細を見る


曲目リスト

プロポーズ
ピンナップ・ベイビー・ブルース
オールド・ファッションド・ラブソング
クライ クライ クライ
恋のダンス天国
ハートに火をつけて
ミックス・ザット・マン
クレイジー・クール・キャット
サティスファクション
ジュークボクサー

シナロケとちゃんと向き合ったのは本作から。
それまでのYMO時代も今でもかなり好きですが、
ミッキーカーティスを迎えた本作は一気に突き抜けた印象!
未だにこれと、ロケッツ名義のロケットサイズは二大名盤だと思ってます!
何と言ってもブラスセクション聴いてて、たまらない大人のロックの薫りがプンプン(笑)

棄て曲なし!

実際にこの頃のライブも突き抜けてました!

余談ですが、アンプ直結にのけぞったのもこの頃。
B.B.kingみたいにシールド持ってきて、ブチン。
学祭から野音まで全部これって言うのが、ロックだと思ったのです。
当時はエフェクター全盛立ったので、尚更、男鮎川魂を感じました♪

んで、リズム隊が洗練されたのもこの頃。
効かせ方が巧くなったって感じを。
ライブでの一体感が半端なかったです!

んで、シーナの鼻にかかった甘い声から、シャウトまで乗っかると
ライブは興奮しまくりだった次第です(笑)

実際に野音の時は失神者多数でしたから(笑)

日本で一番観てるアーティストは、間違いなく鮎川誠。

彼こそがロックンローラーだと思ってます♪

これもバータイムにピッタリ、そんな佇まいを持ってる1枚♪

PS
最近、ハードリカー全く受け付けない体に(--;)
beer、ホッピー、日本酒で充分…欲張りすぎかな(笑)



CATEGORY:日本 し

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

The Dark Side Of The Moon Pink Floyd

毎度です♪

昨日まで思わぬ風邪に苦しんでて…まっ仕事休むほどでは無かったのですが、結構キツかった(--;)
熱も38℃近く、とほほ……皆さんもご用心ください。


狂気狂気
(2014/01/29)
ピンク・フロイド

商品詳細を見る


さて、夢うつつながら、聴いていたのがこれ♪

ルーズなノリもお気に入りながら、こういう作り込まれたものものお気に入り。

こここでしっかり作られていると、あーっ、凄いなと素直に思ってしまうのです。

ピンクフロイドと言うと結構、えーって言うリアクションされるのが多いのですが、何でだろう?
良く言われるのがシドバレットが居ないとって。

でも、自分的にはシドバレット期より、その後のメンバーで作り込まれたものに愛着を♪

ブルースの要素を持ち込んだギルモア
ロックの、それも退廃的な要素を持ち込んだロジャーウォーターズ

それをコアにして作り込んだSoundはいつ聴いても心地よいのです。

じっくり聴いていたい。

The Wallにもしようかと思いましたが、あれは演劇、映画の要素が多分にあるので、
今回はこちらを♪

まだまだ寒い日が続きますが、そんな夜にこんなじっくりとした1枚を♪

CATEGORY:Rock P

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。