プロフィール

リュウ

Author:リュウ
相変わらず落ち着かない日々…ですが、ランと少々のお酒&煙草が息抜き。モチロン音が、そこに無くてはいけないアラヒィフ。
好きな言葉は一期一会、人とも音ともそんな出会いが大事かと♪

では、おつきあいくださいな♪

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Let It Bleed By The Rolling Stones

今晩は♪

今日は暑かったですねー、ほんと。
ここ府中市はGoogleによるとMAXな気温はなんと……37℃に

朝ランも久しぶりに足止めて水分補給必要だったし、最近の太陽のやる気にはタジタジです(--;)
今年は体感的に厳しい気がします…用心しましょう!


Let It BleedLet It Bleed
(2002/08/27)
Rolling Stones

商品詳細を見る


さて、またストーンズ(笑)
ですが思い入れの深い1枚なんでご容赦くださいな。
前作のベガーズバンケットもお気に入りですが、このブリードと決定的に違う点が一つ。
それはチャーリーのドラミング♪

ベガーズまでとその後では決定的に違うのです。
ベガーズの頃までは初期のブライアン期のドラミングの延長線にありますが、ブリードからは今のストーンズになってるんですよね。
このあたりの事についてキースの自伝楽しみにしてたのですが、触れて無かったので、結構ガッカリ。

なんで推測するに
ジミーミラーの影響
キースがギターを受け持ってて殆んど弾いてるので相等音をを合わせたか
いや、そもそも曲から必然的になったか
多分キースと膝を突き合わせて延々やったのかなと(笑)

いずれにしても、その後の流れを決定付けたターニングポイントの1枚♪

何度聴いても飽きないのです!

それに引き算的な音のまとめ方もなかなかで。

ストーンズってアルバムに寄ってカオスと引き算が入れ替わるので、それも楽しいのかなと♪

さてさて、明日からは飛び石勤務と飛び石休みの変則……夏バテしないようにしないと(--;)

いよいよ夏本番、夏バテしないでエンジョイしましょう!



スポンサーサイト

A Quick One By The Who

今晩は♪

暑い日々の到来。
夏男だけに、俄然元気な季節…なはずですが、ここ最近の暑さはねっ……(--;)

体調管理に気を付けつつ、楽しいなつにしましょう!


Quick OneQuick One
(1995/06/20)
Who

商品詳細を見る


さて、そんな暑い日々にふと聴きたくなるのはThe Whoの初期。
決して熱心なファンではないけれど、この時期には聴きたくなる。
特に初期の2枚♪
何でなんだろう?と思ったらギターの音なんだってことに最近気付いた次第。

歪んでるギターってのが最近ことさらに苦手になってきてて……
例えて言うなら背油の乗った豚骨ラーメンみたいなイメージ(笑)

年齢なりにアッサリ醤油ながらコクを求めるように。

このアルバムの場合、コクと言うよりアクかも知れませんが(笑)

ポップに仕上げつつアクが散りばめられてるサウンド、この時期に聴きたくなる由縁かも知れません!
ラジオから流れてきたら…おっと!と思う楽曲が多いかと♪

The Whoに関しては仲間内2名に専門家が居るので(下手なこと書くと怒られるので…(--;))、ここまで!

では、良い週末を♪
(明日は仕事……とほほ)

CATEGORY:Rock W

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

“Get Up” Ben Harper & Charlie Musselwhite

今日は♪

私ごとですが・・・冷房と明るい場所が苦手(汗)

大震災直後の節電時期くらいの冷房と照明で丁度良いな・・・なんて思ってたら、今は完全に戻りつつ・・。
過度の冷房や照明を消費しつつ・・・原発には反対する・・・新宿でデモしてる人達みると・・・そこに矛盾を感じてしまうのです。

Noを言うなら、まず使わない事を・・・熱中症にならない程度にね・・と思ってしまうのです。

横丁が好きなのは・・冷房なんて全く効いてなくて、程良い暗さと、人の交流があるからなのかなと自己分析♪

電車・駅・オフィス・商業施設・・・・冷え過ぎてて・・・・困ったもんです・・。

そうそう、この映画も行かなきゃ!

さて、本日はRunした以外ダラダラ休日♪

こんな1枚でダラダラと♪


Ben Harperは初期かなり好きで、未だに聴いていますが・・・途中でハードやレゲエや迷い道くねくねの頃は?と思ってて久しくご無沙汰だったのですが、本作はお帰り!って感じでかなりお気に入り♪

Old Blues Manとのコラボのせいか程良い緊張と、リラックスの混在が丁度良い塩梅で♪

こんなダラ休日に聴くのも良いな・・・なんて改めて思ってます!

世間は三連休らしいですが・・・自分は本日のみ・・リラックスしてHot過ぎる夏を乗り切りまっせ!

では!

CATEGORY:Blues B

THEME:音楽のある生活 | GENRE:音楽

Californication By Red Hot Chilli Peppers

ご無沙汰です♪
昨夜は義父母が東京へやって来て、妹夫婦とも合流しメキシカン料理へ。
テキーラは壊れるので、ぐっと堪えて……メキシコビアとチリワインを♪
ナチョスやセビーチェなとなど堪能させて頂きました♪
201407141759399be.jpg
20140714180147588.jpg
さて、最近読んでるのは…
独裁体制から民主主義へ: 権力に対抗するための教科書 (ちくま学芸文庫)独裁体制から民主主義へ: 権力に対抗するための教科書 (ちくま学芸文庫)
(2012/08/08)
ジーン シャープ

商品詳細を見る


タイトルは物々しいのですが、戦後の世界の動向とそれを克服した実例のまとめと言う位置付け。
日本は平和な国ですが世界はまだまだキナ臭いと言うことを教えてくれるそんな1冊です♪
図書館でも有るところにはあるみたいなので…試読されてください♪

さて、本日の1枚はこちら♪

CalifornicationCalifornication
(1999/06/03)
The Red Hot Chili Peppers

商品詳細を見る


2000年なのか…年を感じる(笑)
このアルバムの前のUnder The Bridgeでこういうメロウ良いなと思ってたところに出た本作。
フルシアンテ復活の本作は相変わらすのらしさと、メロウの同居。
かなりお気に入りの1枚です♪
フルシアンテの復活期が一番お気に入りです!
メロウ、オールドロック臭、コーラスワーク、そんなことを詰め込んだこの時期は旬です♪

スレインキャッスルでのライブ映像は秀逸です!

暑い夏、こんなハードとメロウな1枚で乗りきりたいっす(^○^)
あと美味しいものもお忘れなく♪






お気に入りのブルース2♪

今晩は♪
さてさて、最近読み始めたのはこちら♪

小澤征爾さんと、音楽について話をする (新潮文庫)小澤征爾さんと、音楽について話をする (新潮文庫)
(2014/06/27)
小澤 征爾、村上 春樹 他

商品詳細を見る


Twitterのフォロワーさんに教えてもらった1冊♪
クラッシックとjazzを中心に進む対談とエッセイ♪
まだまだ読み始めですが、かなり面白いっす!

そしてブルースの続き♪

今日はお気に入りのピアノブルース♪

ピアノブルースって夜、特に仕事帰りの夜にはハマる。
不思議と癒される。
このメンフィススリムも声が癒し系でついつい引き込まれる、優しいブルース♪


この方は色んな方のバック努めてる売れっ子ピアノブルースマン♪
数え挙げたらキリがないっ。
ピアノって全く縁も縁も無いけれど物凄く音色に惹かれる。
琴線触れる音間違いなし。
あっ、経歴はウィッキで調べてくださいな♪


サニーランドに優しさを求めてはいけません(笑)
いや充分に優しいんだけどあくまで力強い。
もう、繊細さなんて吹き飛ばすくらい(笑)

でもミョーに聴きたくなる不思議な魅力に溢れてるんだよな…



ピアノレッド、芸人それも癖のある芸人みたいな印象なんだけど…この曲調って何処かで聞き覚えありませんか?
トムウェイツに聞こえるのは自分だけでしょうか。完全ダミ声芸人になる前の。
あくまでも個人的感想ですが…そんなことも相まってお気に入り♪



この人もマディを始め色んな人とやってる方。
オーティススパンもマディ、このかたもマディ、流石ブルースの大御所マディ一派、凄い人ばかり。
オーティススパンとの違いは…こちらの方が音色がシャープ、クリア。
そういうのが分かると余計に楽しいかもっすね!

さて、今宵はここまで。
疲れた体と心を癒しましょー♪
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。