プロフィール

リュウ

Author:リュウ
相変わらず落ち着かない日々…ですが、ランと少々のお酒&煙草が息抜き。モチロン音が、そこに無くてはいけないアラヒィフ。
好きな言葉は一期一会、人とも音ともそんな出会いが大事かと♪

では、おつきあいくださいな♪

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無人島に持ってく100枚No.15  Disraeli Gears By Crem

お早うございます♪

先日、耳に飛び込んできた思わぬ訃報
ジャックブルース死去に………改めてそういう年なんだな……って思わされました。

これから嫌でも続くんだろうことは容易に想像出来ますが……寂しい限り。

せめて彼らの作品を聴き続けようと思った次第です……

そういうことから、今回の1枚はCreamでもっとも好きな1枚を

カラフル・クリームカラフル・クリーム
(2011/11/09)
クリーム

商品詳細を見る


このCreamってバンドは個人的には完全にブリティッシユ、それも60年代に一瞬でトリップさせてくれる、そんな存在。
ライブでの演奏が……と言うくくられ方より、アルバムのブルースロック感、POPさ、そこに耳を奪われてしまうのです!

I Feel Fineなんて楽しくてしょうがない、余談ですが(笑)

でも、取っ掛かりはと言えば本作のStrange Blue
この曲のSoundはブルースロックではなく、ブルースそのもののエッセンス、匂いがたっぷり詰まってて、一瞬で耳を奪われてしまったのです!

個人的大名曲に入ってます!

シンプル、サイケ、POPなヴォーカル、そのくせ演奏はブルース
いやはや凄い曲です♪

クラプトンも良いのですが、ジャックブルースとジンジャーベイカーのリズム隊にどうしても耳が(笑)

こんな曲を有難う!

改めてご冥福をお祈りします……



スポンサーサイト

雑記 当ブログの取説♪

今晩は♪

最近はすっかり無人島に取りつかれてる当ブログ(笑)

そもそもはと言えば、カフェ、バーで四方山話を常連客や、一見さんでしてる、聞いてるイメージから♪

しかも店主はいい加減で
ロックなんか聞いてられっか……と言った翌日にストーンズかけてるような(笑)

最近は何処のお店も生真面目が多いので、そんないい加減な店をイメージ。

なんで、色々な音が出てくる訳です→言い訳(笑)

まっ、一杯やりながら話すマスターを思い浮かべて頂ければ。
そして、無人島は、そんな常連客同士の会話から無人島に持ってくならの棚を置いてあると思って貰えれば(笑)

そんなブログです♪♪

良かった、コンセプトこれでできた(笑)

では、次回は無人島♪


無人島に持ってく100枚No.14 Rockn'Roll John Lennon

今晩は♪
昨夜はストーンズ好きの面子4名で亀有散歩と飲み会。
亀有………楽しい、いや、楽しすぎる街で、まだ余韻に浸ってます♪

201410191812221f8.jpg
20141019181347c1b.jpg
2014101918145556b.jpg

最後の料理
パンに乗ってるのは
この店特製の牡蠣の薫製と自家製のオイルサーディン
もう一つも自家製の〆鯖、たまらん味に日本酒クピクピ行ってしまいました(笑)

本来の、焼き鳥も当然美味でしかも安い……

いやいや亀有自体がなんでも安くて……途中お団子食べたり、佃煮買ってみたり、そう商店街って本来楽しいんだよな……なんて思い出しました!

楽しい夜にサンキュー!

ロックン・ロール(紙ジャケット仕様)ロックン・ロール(紙ジャケット仕様)
(2014/12/03)
ジョン・レノン

商品詳細を見る


さて、本日の1枚
昨夜のそぞろ歩きのなか、頭でずっと脳内再生されてたのがこれ♪

魂とか色々ありますが、ジョンレノンの声ってロックンロールが。

いや、声がロックンロール!

愛と平和の使者みたいな捉えられ方にはいつも疑問符で。
清志郎もそうだけど、彼らのメッセージの一つで、本質はロックンローラーだと。

一番ノビノビやってるし、もう楽しくなってくる♪

これ聞いてご機嫌な一週間にしようっと!









無人島に持ってく100枚 No.13 The Wall Pink Floyd

おばんです!
台風は各地に爪痕残しつつ
自然の別の一面を改めて思い知らされました……

さてさて、結局引きこもるしかなかった休日、当然音三昧(笑)
魔窟の我が屋根裏部屋、音源整理&活字整理しつつの音三昧!

引きこもりが幸いして捗る、捗る(笑)

淹れたて珈琲と相まってある意味至福の時間♪


The WallThe Wall
(1999/10/20)
Pink Floyd

商品詳細を見る


さて、今宵の1枚♪
新譜の噂も飛び込んできたプログレバンド?
プログレ?
ピンクフロイドはプログレでもなんでもなくて、べーすはオーソドックスなロックバンド。
それも、ブルース色がしっかり根付いた、ロックバンドとの位置付け。

プログレと呼べるのはシドヴァレットの頃だけではないのかな。

って思います!

んで、このアルバムは1980年。
この頃、自分は中学生、衝撃だったな……

当時は、重くかったるい(当時思ってた)70年を引きずったロックか、
疾走感たっぷりで、ノイジーな、パンクまたはビートバンド、はたまた甘ったるいポップス、
そこにこんな、アルバム、当然飛び付きました♪

もう、死ぬほど聴いてるし、今も♪

ここまで作り込まれてるとある意味爽快だし、ともすればクラッシック聴くのと同じ感覚♪

これ以上書けそうなんで、この辺にします(笑)

そうそうiPodにも常に(笑)
異次元世界に飛んでます!

無人島に持ってく100枚No.12 Tonights the Night  Neil Young

今晩は♪

よい天気でしたが……仕事……何か切ない…

そんな、仕事も終えての帰り道、iPodから流れてきたのはこのアルバム。


今宵その夜今宵その夜
(2013/07/24)
ニール・ヤング

商品詳細を見る


1975年の作品
ドラッグのオーバードーズで無くなった友人の弔いに、テキーラ飲みつつ作られたアルバム。
限界泥酔まで録音されたらしい……

そんな話通り、浮き沈みのあるアルバム
切ない……がキーワードなのかな。

前のブログの時教えてもらって…以来、すっかり愛聴盤に♪

ブルースって言うのは、こういう所にも溢れてる……そんなことを教えてくれた1枚

ロックってこういうのもあるからロックだったのに…最近のロックと言う言葉の定義とは大きな隔たりがある気がしてならない。

そんなおじさんの戯言は別として、大人で、夜に相応しいロック。
出来れば焚き火の前で聴きたい……

さて、台風……大好きな音を聴いてやり過ごしましょう。
お互い無事で!



無人島に持ってく100枚 A Bigger Bang The Rolling Stones

今晩は♪

いやいや、台風メッチャ大変そうな匂いプンプンで……
ハリケーンカトリーナのような…そんな危険な匂いが……

無事の通過を祈りましょう!


ア・ビガー・バンア・ビガー・バン
(2012/03/21)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る


2005年だから、もう9年前なんだ。
実質的にストーンズの最後のスタジオアルバム。
チャーリーの癌の知らせにハラハラしたり、どうなることやらと思ってて。

だから、世に出たとき、そしてこの1曲目を聴いたとき、心の中でガッツポーズ(笑)

ストーンズだから、ストーンズならではのあの出だし
それで、色んな物が吹き飛んでしまった、そんなアルバム。

近年のストーンズ……は、色々思うところあるけれど……行けるところまで頑張ってほしい気持ちは変わらず。
ただ、アルバムは聴きたいな……。

キースのソロも出るらしいし、そろそろお願いします♪

さて、かなりミック&キースの手作り感が漂うそんなのも良いんだよね♪
実際、ミックのスライドにはビックリしたし(笑)

さて、明日も仕事、このアルバム聴いて、ご機嫌に行きますか♪

無人島に持ってく100枚 No.10 Deja Vu  CSN&Y

今晩は♪
明朝台風大接近のNEWSに早くもブルース入ってる夕方(笑)
お仕事のかたは、共に頑張りましょう!


横木安良夫流スナップショット (えい文庫 169)横木安良夫流スナップショット (えい文庫 169)
(2008/05/10)
横木 安良夫

商品詳細を見る


さて、久しぶりに1冊。
とある雑誌か何かで知った写真家のスナップショット集、いやスナップショット論

自分では、本格的に写真を撮ることはないのですが、見るのは好きな方♪
なかでもスナップショットがお気に入り。

日々のなかで、無意識に景色を切り取ってることって良くあったり。
勝手に心のスナップショットと名付けてますが(笑)

その切り取り方に写真家さんのセンス、五感が現れてる気がしてならないのです。
そしてそれこそ、同調する部分かと。

街の匂い、熱気、冷気、そんなものすら漂ってくる気がします!

さて、読書のお供として聴いてたのはこちら。

Deja VuDeja Vu
(1994/09/27)
Crosby Stills Nash & Young

商品詳細を見る


夜ロックの匂いプンブンな名盤。
もう、全曲に捨て曲ないし、土臭いし、荒っぽいし。
個人的にはThe Bandよりお気に入り!

珈琲とこのアルバムと読書、カフェらしいですよね!
このブログタイトルはこういうところから来てるのかも知れないっすよ(笑)

では!

無人島に持ってく100枚No.9 The Legend Sleepy John Estes

ご無沙汰&今晩は♪

もう気がつけば10月なんだ……早い、今年は特に早い気が(^_^;)
ちょいとした自由時間はあってもガッツリはなかなか…温泉行きたくてしょうがないのです(笑)

さて本日の1枚はどブルース、それもドップリな。
このブログを見てれば分かってるとは思いますが、かなりの雑食。

一応自分なりにルールがあって(あるはず)、引っ掛かった音なんです♪
それがたまたま色んなジャンルに行ってるだけと言い張ります(笑)

今日の1枚

THE LEGENDTHE LEGEND
(2003/02/11)
SLEEPY JOHN ESTES

商品詳細を見る


そもそも前のブログは多分7年くらいやってて、そのキッカケはブルースやソウルなど黒音をちゃんと聴こうかなって思ったところから。

その導火線に火をつけたのが本日の1枚。
これで、本当にブルースが落ちてきました。
勿論ドップリ片っ端から聴きまくった数年間。

それでブルースでも好みか好みじゃないかちゃんとハッキリしたのです!

このスリーピーのアルバムは再発見後に吹き込まれたもの。
一曲目からして悲痛な…だってネズミが台所にいる…そんなタイトルですから(笑)

いわゆる戦前ブルースの流れ、でもそこにブルースという音の原点がある気がしてならんのです。

それだけ自分にとっては印象深い1枚♪

秋と言えば黒音の季節、次はソウル!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。